エフゲンの効果と爪水虫への効果的な塗り方

爪水虫は男性やお年寄りがなるものだと思っていませんか。実はそんなことはありません。子どもや女性も感染します。せっかく薬で治そうとしても、効果的な塗り方をしないと効き目がありません。ここでは薬の効果的な塗り方や、私が足の爪水虫と分かってから行った対処法や治療、実際に使って効果が感じられたエフゲンという市販薬について書いていきます。あなたもエフゲンの効果を実感してみましょう。

爪水虫とは

水虫の人のイラスト爪が白癬菌に感染することです。健康的な爪は艶がありピンクがかって見えますが、爪水虫になると次第に表面が白っぽくなったり、黄色味を帯びてきたりします。また縦に筋が入ったりしてゴツゴツした感じになったりもします。悪化すると厚くもろくなった爪がポロポロこぼれてきます。酷くなると爪の色は黒く変色し、固く変形してきます。

また感染力が強いので家族間での感染も良く起こります。

エフゲンの効果的な塗り方

水虫のイラスト爪水虫に効果のあるエフゲンは液体の薬です。付属の刷毛がありますので、それを使って塗っていきます。効果的な塗り方は、刷毛にしっかりと液体を染み込ませたあと爪と皮膚の間や爪の生え際に浸透するように塗っていく方法です。爪が長いと薬液が確実に患部に行き渡らない恐れがありますので、爪を短く切ってからが良いと思います。

効果的な塗り方をすることで完治への期間も短くなるでしょう。

エフゲンの爪水虫への効果

治療前、私の両足の爪は

・爪の表面に縦スジがある
・表面が白っぽく所々、黄色味がかっている
・爪を切ると柔らかくポロポロこぼれる

このような状態でした。
最初は皮膚科に行き薬をもらいましたが、しばらくしても効果が得られず市販の水虫薬エフゲンを使ってみることにしました。

エフゲンを使用してみて

まず1日2回、お風呂上がりと起床時に塗りました。すると2ヶ月後、変化が見られてきたのです。表面が滑らかになり、艶が出てきました。それから2~3ヶ月更に使い続けると、その効果は明らかでした。見た目はすっかり綺麗になり、爪水虫だったとは分からないまでになったのです。

ただ水虫は治ったと思っても再発しやすいのが特徴です。念のために塗る回数を夜1回に減らして更に2ヶ月様子を見ました。それから塗るのをやめましたが再発していません。エフゲンの爪水虫へのしっかりとした効果を感じました。

私はこれで完治しましたが、まだ軽い方だったのだと思います。

エフゲン製造元の大源製薬の公式サイトでは効果的な塗り方としてさらに
①爪の厚い方は傷をつけないように表面を削ってから塗る
②爪に薬を浸したガーゼをのせ、その上からラップで包み、それを絆創膏で巻く。さらに靴下を履く

ということが勧められています。この方法を試していればもっと短期間で完治出来たかもしれません。

エフゲンはしばらく続けると皮がむけてきますが、それが白癬菌を減滅させる薬の特徴ですので途中で止めないで、もう少し続けてみてください。

薬を塗っているのに治らない

いくら効果的な塗り方をしても、エフゲンの効果を感じられない場合は、足が清潔な状態に保たれていない場合があります。
蒸れて湿っぽい状態は白癬菌の大好物です。爪水虫を早期にそして短期的に治すためには、日常でのしっかりとしたケアが必要です。
一日中履いていた靴を脱いだばかりの足にいくら薬を塗ってみても治る確率は低いでしょう。靴をあまり洗わなかったり、何時間も蒸れた状態でいたままでは改善しないかもしれません。足が清潔で気持ちのよい状態の時に薬を塗ってみてください。

爪を大切に

爪を切っている人のイラスト爪水虫は治るまでは少し時間がかかりますが、根気よく治療をすればきっと改善してくると思います。私はエフゲンを使い始めてその効果を実感しましたが、ただ塗るだけではなく、確実に治すために効果的な塗り方をすることも大切だと感じました。
いつまでも爪水虫に悩まされないよう、きちんとケアをしてしっかり治したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です